学校給食、病院給食など集団給食の給食委託は名古屋の栄屋食品へ

栄屋食品株式会社

コラム

モデルや芸能人も実践中?油を取ってダイエットする方法

よくダイエットの為に、油の摂取を減らす人が増えています。しかし、これは大きな間違いで必要最低限の油を摂取しないと便秘になりやすくなってしまいます。

美しい肌と健康の為には、油を摂取する事は必要不可欠です。

しかし、だからといって油なら何でも取っていいものではありません。摂取する油を良質な物に変えるという事が必要になってきます。

まず、トランス脂肪酸を含むスナック菓子や揚げ物は極力避けましょう。

油は大きく分けて動物性脂肪・魚の脂肪・植物性の油に分類されます。

特に控えて欲しいのは『動物性の油』です。摂取しすぎると、血液がドロドロになり動脈硬化を引き起こす原因になってしまいます。

『魚の脂肪・植物性の油』はオメガ3・オメガ9などに分類される事が多く、美容に絶大的な効果が期待出来ます。

また、世界的人気モデルのミランダ・カーが美容の為にココナッツオイルを摂取していると雑誌に取り上げられた事がありました。

ココナッツオイルは、トランス脂肪酸を含まない良質なオイルなので美容にとてもよく、一時期はスーパーでバカ売れして買えない時期もありました。

サラダ油の代わりに揚げ物用の油として使用しても、トランス脂肪酸に変わらないので揚げ物用のオイルにすると香りもよくて良いですね。

また、ココナッツオイルやオリーブオイルなどの良質な油は食べるだけでなく肌に塗っても美容効果があるので一石二鳥です。

皆さんも、良質な油を摂取してアンチエイジングに努めてみてはいかがでしょうか?

太りやすい冬こそダイエットのチャンス!代謝を上げる食事で冬のうちにスリムになろう!

冬は、クリスマスやお正月のご馳走などでついつい太ってしまう人が多くなる時期です。

しかし、この時期こそ実はダイエットに最適な時期といえます。

人間の体は、温度が低くなると、体温を維持する為に内臓を冷えから守ろうとします。

その為、頑張って熱を作り出そうとすることで、代謝が上がります。

つまり、寒い冬ほど実は基礎代謝が上がって痩せやすくなるのです。

この時期は代謝を上げる食事を意識して、適度な運動をする事でダイエット効果が期待できます。

代謝を上げる食事としては、まずネギや生姜など体を温める食材を使って料理する事が好ましいと言えるでしょう。

また、積極的に魚や肉を取ることも実はダイエットに最適なのです。基礎代謝を上げる効果が期待されます。

皆さんも、冬こそ寝正月で過ごすのは勿体ないですよ。

運動は、夏のモノだけではありません。
冬こそ是非行ってみましょう!

冬の美容食!「ビタミンCの宝庫」みかんの恐るべき美容効果!

みかんは、別名「ビタミンCの宝庫」と呼ばれており、果物の中ではレモンに次いでトップクラスのビタミンC含有量を誇っています。

みかん1個あたりのビタミンC量は、約25mgこれは、リンゴの約8倍とも言われています。

ビタミンCには、コラーゲンの生成をサポートする効果があるため、美肌作りには欠かせない存在です。シミやシワを防いでくれる効果もあるので、アンチエイジング効果も期待出来ます。また、ビタミンCには免疫力を高める効果があり風邪を引きにくくしてくれます。

レモンとなると、味付けやスライスなどでしかなかなか摂取出来ないですが、みかんとなるとコタツに入りテレビを見ながらでも気楽に食べる事が出来ますね。ジューサーにかけてジュースとして飲んでもいいですね。

また、ミカンをには白い筋の部分や袋(薄皮)があり、これを取り除いてしまう人もいると思いますが、出来れば食べた方が美容効果があります。

この筋や袋には、「ビタミンP」というビタミンCの効果をサポートする栄養素が含まれています。また食物繊維や、中性脂肪の分解をサポートする栄養素も筋や皮に豊富に含まれているため、ダイエット効果も期待されています。

皆さんも、改めてこの冬にみかんを摂取してみてはいかがでしょうか?

その美容法は間違ってる?実はこんなに危険な「食生活での思い込み美容法」

最近では、スーパーモデルが愛用してるココナッツオイルやえごま油の美容効果が謳われており、飛ぶように売れているそうです。

確かに、サラダ油より美容効果が高いのですがオイルなのでカロリーは非常に高いのです。その為、過度の摂取は禁物です。

どんなに体に良くても、1日小さじ1~3杯程度で抑えておきましょう。

また、最近カロリーゼロのチョコレートやコーラ等が発売されています。

これらの商品は、砂糖のかわりにスクラロース等の人工甘味料を使用しています。

日常的にこれらの人工甘味料を摂取し続けると、美肌に大切な栄養素「必須脂肪酸(EFA)」が不足します。その為、肌に乾燥を引き起こす原因となります。

また、人工甘味料には中毒性があるため、摂取しないと落ち着いていられなくなってしまうという薬物に近い性質があるのです。

一見、ダイエットに効果的と謳われていますが、実はこんなに危険なのです。

また、美容効果のある栄養ドリンクも飲みすぎは禁物です。何故なら、一本あたりのカロリーが高めのものが非常に多いからです。

やはり、バランスの良い食生活以上の美容法に勝るものはないのではないでしょうか?

皆さんも、簡単にアンチエイジングしようとするのではなく、普段の食生活を一度見直ししてみてくださいね。

便秘解消だけじゃない!オリゴ糖の驚くべき美容効果

オリゴ糖の有名な美容効果として「便秘解消」効果があります。

何故なら、オリゴ糖には胃や小腸で消化・吸収されにくい性質があります。その為、小腸で止まる事なく大腸まで辿り着きます。

大腸の中でオリゴ糖は、善玉菌のエサになる為活性化します。その為、腸の動きが活発になり便秘解消に役立つのです。

また、オリゴ糖は安全性の高い食べ物で、妊婦さんや赤ちゃんも食べる事ができます。

特に、妊婦さんや赤ちゃんは便秘になりやすいのでオリゴ糖を食事に取り入れる事によって便秘解消に役立ちます。

オリゴ糖の効果的な摂取方法は、ヨーグルトにかけたり砂糖の代わりに使用すると効果的です。オリゴ糖は、特にヨーグルトに含まれるビフィズス菌を助ける効果があるので一緒に摂る事で更なる効果が期待出来ます。
ただし、あまり取りすぎると下痢になるので注意しましょう。

また、オリゴ糖には便秘解消効果だけではありません。老廃物を排出する事によって美肌効果が期待されます。
肌荒れを治す効果があり、ニキビやシミ、しわも改善できるためアンチエイジングにも役立ちます。

皆さんも、積極的にオリゴ糖を食事に取り入れてアンチエイジングしてみてはいかがでしょうか?

もうすぐバレンタイン!チョコレートには以外な美容効果があった!

もうすぐバレンタインですね。男性にプレゼントするチョコレートだけでなく、今では自分へのご褒美としてチョコレートを購入する女子も多いそうです。

そのチョコレートですが、実はダイエットやアンチエイジングにも非常にすぐれた効果を発揮する事で有名です。

今回は、チョコレートの美容効果について説明します。

チョコレートを選ぶ時は、乳化剤や砂糖を多く含むミルクチョコレートではなく、糖分の少ないダークチョコレートをチョイスしましょう。

また、チョコレートに含まれるカカオに多くの美容成分が含まれている為、出来る限りカカオ70%以上のチョコレートを選びましょう。

また、市販のチョコレートを購入する時は成分表示を必ずチェックしてみて下さい。

原材料の表示には、成分が多く含まれるものから順番に記入する決まりがあります。

一般的な市販のチョコレートは、「砂糖・カカオ・全粉乳・ココアバター・他」という順番で書かれている事が殆どです。

つまり、砂糖が一番多く含まれているチョコレートが多く流通しているという事になります。

出来る限り、カカオが多く表示されているものをチョイスして下さい。

カカオに含まれる栄養分には、老化防止を助けるポリフェノールを多く含んでいます。

そのポリフェノールの量は、なんと赤ワインの2倍です。

ポリフェノールには、活性酸素を抑える効果のある抗酸化作用があり、アンチエイジングに最適です、

また、カカオには食物繊維が豊富に含まれているため便通が良くなり便秘解消にも効果的です。

それから、カカオにはエピカテキンという成分が含まれています。エピカテキンには、筋肉を増やす作用があり、基礎代謝を高めシェイプアップ効果も期待されています。

また、カカオにはフラボノールという成分も含まれています。フラボノールは、紫外線から肌を守り、シミ・しわを予防してくれます。

チョコレートは、美味しいだけでなく多方面でのアンチエイジングを実現してくれます。

チョコレートには、発がん性物質を多く含むショートニングやマーガリンも含んでいないので安心して食べられるお菓子です。

皆さんも、是非チョコレートで美味しく綺麗になって下さいね!

冷え性対策に!冬のちょっとした心がけで、冷え性改善!

冷え性で悩む方には、冬は特に辛い季節だと思います。

そんな冷え性に悩む方に、ちょっとした調理法や食べ方の心がけで体を温めることが出来るコツをご紹介します。

体を温めるには、「煮る、焼く、ゆでる、炒める」といった、加熱調理を基本とし、生でなるべく食べないようにします。

それらを温かいうちに食べると、更に効果的です。

火を入れたまま食べる鍋料理などは、温かいまま食べることができるので、体も食材も温まって一石二鳥ですね。

また、体を温めるハーブを効果的に使うことで、より一層体を温める効果が期待出来ます。

身体をあたためる調味料の一つに、シナモンがあります。毛細血管を収縮させ、血行を促進する効果があります。

シナモンと砂糖を混ぜて、「シナモンシュガー」として使用すると、パンに振りかけたりと手軽に摂取出来るのでオススメです。

紅茶に、シナモンスティックを入れる方法も体を温める効果が期待出来ます。

また、コショウには発汗作用、代謝の活発にする効果が、塩には体温調節、身体の水分量を調節し、冷えを防ぐ効果、味噌には血行を促進する効果が期待出来ます。

(ただし、どれも取りすぎには注意しましょう。)

また、冷え性から体を守る為に一番大切と言われている事は「規則正しい生活をする」という事です。朝は、しっかり食べる。適度な運動をする。

また、コーヒーの飲み過ぎも禁物です。

コーヒーに含まれるカフェインには、血管の収縮を妨げる働きがあります。血流が悪くなってしまうと、冷えを起こす原因になってしまいます。飲み物を取るなら、「しょうが紅茶」がオススメです。しょうがには、体を温める効果があります。

どんなに体を温める食べ物を意識しても、不規則な生活をしていては台無しです。

まずは、規則正しい生活を意識して冬の冷えから守りましょう!

美白から便秘解消まで!美容の宝庫「酒粕」で冬の間にシミ撃退!

ここ近年、酒粕には必要な美容成分が殆ど含まれている事で話題になっています。

酒粕は、日本酒を製造する時に作られます。

ビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維、酵母菌、酵母由来のβ-グルガン、葉酸などサプリメントなどで聞いたことがあるような美容成分が殆ど含まれているのです。

特に酒粕にはビタミンB群が多く含まれており、皮膚や爪、髪の健康を守ってくれます。

特に、酒粕に含まれる「スフィンゴ脂質」という栄養素には、シミの元となるメラニンを作るチロシナーゼの活性を抑える効果があります。

酒粕を料理に使うことで、なんと一気に美白料理になってしまうのです。

また、酒粕にはコラーゲンやヒアルロン酸を生む効果も含まれている為、冬の乾燥対策にもバッチリです。

酒粕の食べ方は、そのままトーストしてもいいし、日本酒代わりに料理に入れると栄養が取れる上に味がまろやかになって一石二鳥ですよ。

また酒かすには、100種類以上の酵素が含まれており腸内環境にも良く、便秘解消効果もあります。

酒粕を食べるだけで、シミ撃退効果があるだけでなく、肌、髪、爪、アンチエイジングなど全ての美容効果が期待出来るのです。

酒粕のオススメレシピに「酒粕ヨーグルト」というものがあります。

まず、無調整の豆乳500ccに酒粕100gを加えます。ミキサーで混ぜます。

次に、混ぜた豆乳と酒粕を保存用ビンに入れて1日1回ビンを振って混ぜます。

それから、ヨーグルトのような硬さになるまで常温で発酵させます。

夏場なら2日程度、冬場は暖かい部屋で3日程度で完成します。ビンに入れて混ぜて置いておくだけなので、とても簡単ですよ!

皆さんも、冬の間に是非酒粕で美白・アンチエイジングしてみてはいかがでしょうか?

冬の旬料理!根菜デトックス料理で温まって綺麗になろう!

秋から冬にかけて旬を迎える根菜は、野菜の中でも特に栄養が沢山詰まっています。

根菜の種類は、主に人参、ごぼう、大根、かぶ、里芋、山芋、さつまいも、蓮根、生姜などが挙げられます。

土の中で育つ野菜「根菜」は冬が食べごろです。栄養たっぷりで美容にもよい「根菜」はダイエットにもぴったりです。

なぜなら、根菜には食物繊維を豊富に含んでいる野菜が沢山あるので、便秘解消など老廃物をデトックスする効果が期待出来ます。

また、根菜はミネラルを豊富に含んでおり、体を温める効果があります。冷え性に悩む方には、特にオススメです。

また、根菜は体内の温度を上げる効果があるため、基礎代謝を上げる効果も期待されます。基礎代謝がアップすることから、ダイエット効果にも繋がるのです。

老廃物除去から、基礎代謝アップでダイエットにもってこいの根菜料理。

煮物料理は勿論、冬は鍋、ポトフなどでも手軽に美味しく取る事が出来そうですね!

また、毎度作るのが面倒な方はきんぴらごぼう等をまとめて作って、少しずつ冷凍保存してみてはいかがでしょうか?

お弁当作りの時は、朝に解凍してお弁当に入れるだけなのでとても簡単でオススメですよ!

お正月は、家から出ずに寝正月を過ごしてしまった方。お餅を食べ過ぎてしまった方。

お正月太りをしてしまった方は、是非根菜を美味しく食べて体内環境を整えてダイエットしてみてはいかがでしょうか?

冬は鍋の季節!美容にいい鍋料理で美味しくキレイになろう!

冬といったら、暖かい鍋の季節ですね。

鍋料理は、一度に野菜を沢山取ることが出来る上に、冷蔵庫の残り物をそのまま鍋に入れても出来てしまうお手軽料理です。

今回は、特に美容効果の高い鍋料理を紹介します!

①ダイエットに最適な「豆乳鍋」

豆乳には、美肌に必要なたんぱく質・ビタミンE・大豆イソフラボンや、女性に不足しがちな鉄分が豊富に含まれています。

また、豆乳には脂肪が少ない上に、大豆に含まれるサポニンが脂肪の蓄積を抑える効果がある為、ダイエットにうってつけの料理です。

特にダイエットに気をつけている方は、雑炊やラーメンの代わりに「しらたき」を使うと効果的ですよ。

またダイエットは、まず先に野菜を食べるように気をつけると効果的と言われています。鍋を食べるときにも、まずは野菜を沢山食べるように気をつけましょう。

②冬の肌の乾燥対策には「水炊き」と「もつ鍋」を食べよう!

水炊きのスープには、良質なコラーゲンが凝縮されています。

鶏の骨から溶け出したコラーゲンには、しみやそばかすを抑えるアンチエイジング効果があります。また、肌の保湿性を高める作用があると言われています。

また、「もつ」には、ミネラルや必須アミノ酸、コラーゲンがたっぷり含まれています。

更に、もつ鍋に含まれるキャベツやニラには、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。

もつと一緒に食べることで、コラーゲンを吸収しやすくなるという相乗効果があります。

冬は、水炊きやモツ鍋を食べてウルツヤ素肌を手に入れましょう!

③アンチエイジングに最適「石狩鍋」で若返っちゃおう!

石狩鍋の主役である鮭には、ビタミンEの1000倍の抗酸化力を持つアスタキサンチンが含まれています。アスタキサンチンは、アンチエイジング効果の高い化粧品にも多く含まれています。

また、石狩鍋の鍋つゆは味噌で作られています。味噌には若返りに大切な酵素がたっぷりと含まれています。

皆さんも、石狩鍋を食べてマイナス5歳肌を目指してみてはいかがでしょうか?


このページの先頭に戻る

栄屋食品株式会社 〒490-1114 愛知県海部郡甚目寺町大字下萱津宇坪井9番地 / TEL:052-442-1616(代表) / FAX:052-444-4411
Copyrights(C) SAKAEYA FOOD Co.,Ltd. All Rights Reserved.